アルバイトで就職に成功する方法もあります。

アルバイトで就職に成功する方法もあります。

アルバイトの定義を考えてみました

アルバイトとパートの区別、簡単につきませんね。元々アルバイトと言うものは、学生を対象にした言葉でした。つまり大学生になったものの、家からの仕送りが少ないことで、自分で働く必要があったことから、この言葉が始まったと言われます。つまり本職には学生と言うものがあって、その生活するために不足する分を働いて捻り出すことが、本来の意味でもありました。

しかし、最近ではこのアルバイト、いろいろな場所でも使われるようになりました。職を持たない老人が、コンビニで働いてもアルバイトとなっているようです。また募集する側も、勘違いをしていたり、適当に応募している場合もあるようです。パートでもアルバイトでも、同じ感覚で募集する時代になってしまったのかも知れません。パートは社員と同様な働きをする人を指し、アルバイトは不定期に働く人をも指す訳で、違いは大きいのですが、求める方はさほど気にせずに、募集している場合が多くみかけられます。

不思議なことに、高齢の男性が時間給で働く時、アルバイトと呼ばれることが多く、パートと呼ばれることは少ないのですが、女性に対してはパートと呼ぶことが多くなっているようです。ちょっと不思議な気もするのですが、これも日本の習慣なのでしょうか。